アミノ酸系シャンプーのデメリット

MENU

アミノ酸系シャンプーを使うデメリットとは

 

アミノ酸系シャンプーなら何でも髪に良い訳ではありません。アミノ酸系シャンプーの中でも石油系成分が入ったシャンプーが存在します。市販でアミノ酸系シャンプーと容器の書かれていても実は石油系成分が入った商品が多いようです。「ラウレス硫酸…」や「ラウリル硫酸…」など成分表に記載されていると石油系が混在していると判断しましょう。

 

本当のアミノ酸系シャンプーなのに、髪がパサつきすぎて普通のシャンプーに戻してしまった方々が少なくありません。アミノ酸系シャンプーは髪のコーティングに働きかけるシリコンが入ってない場合が多いのです。シリコンは天然成分ではなく人工的な物なのですがシリコンが入っていないシャンプーはパサつきのもと。ただ、女性が使う市販の安いシャンプーはほとんどシリコンが入ってます。シャンプーに自然成分のコーティング成分を入れると少々価格が高くなるのは仕方ありませんね。。

 

結局、安いアミノ酸系シャンプーは石油系やシリコンが入っている場合があるのと、ノンシリコンでも他のうるおい成分が十分ではないという事があげられます。何も知らず使っているケースがありますので成分表を確かめてください。

 

アミノ酸系シャンプーを使っていて髪がパサパサするなら、他のアミノ酸系シャンプーに変えてみてください。